カテゴリ: 野菜でレシピ

Sさんから 「無花果が収穫できたので取りにおいで・・・」 というメールをもらった。
無花果・・・??ん・・・?
文字ではなんなのか分からない。
すぐに電話して・・・
なぁ~んだ、イチジクのコトか。
「了解、すぐにいただきにまいります」

食べきれないほどいただいたので、1キロ(12個)ぶんを "イチジクジャム" にしてみた。
021
① 1kgのイチジクをよく洗い、皮を剥いて、約1cm幅の輪切りにする。
② ステンレス鍋に入れ、砂糖400g、レモン汁大さじ1、水200ccを加え、強火で煮込む。
022
③ アクを取りながら、とろみが出るまで、中火で40~45分ぐらい煮込んだら完成。
023
④ 熱湯消毒した保存用の空き瓶に詰めて冷蔵庫に保存する。

超簡単!キャベツとウィンナを油で炒めて塩コショウで味付け。
これは野菜いっぱいの "野菜炒め" じゃなくて、キャベツいっぱいの "キャベツ炒め" だな。
161

バスツアーに行って、信州の土産物店で試食した野沢菜漬けが美味かった。
庭の野沢菜が収穫どきなので、クックパッドのそのまま真似して自家製を作ってみた。
イケるかイケないかは一晩おいてのお楽しみ。
221

E子が、「カボチャを煮るから切ってぇ~」・・・ときた。
「よっしゃぁ~」・・・と返事はしたけど、じつは 『苦手なんだよなぁ~、カボチャ切るの・・・』
皮が硬くて切れない! ヘタすると指切るゾォ~~
包丁の刃を疑うのもなんだけど、とりあえず包丁を研いでみる。
料理を始めてから買った自前の "マイ包丁"
ところで、包丁を研ぐのも・・・じつは苦手だったのだ。
171

ゴーヤと挽肉をカレー粉・蜂蜜・ソース・ケチャップで炒めて出来上がり。
ゴーヤは食べたくないけど、これなら食べられる。
家庭菜園の材料を使ったプレート。
ご飯は脱穀米にしてみた。
コレ、美味いわぁ!
051

農園仲間から採ってきたばかりの "今が旬" の 「タケノコ」 をいただいた。
タケノコは硬いところも柔らかいところも、それはそれで美味しい。
しかし遠慮なくいただいたものの、一度にこんなには食べきれない。
251
今が旬といっても、夏にも秋にも冬にも食べてみたい。
そうだ、冷蔵庫での保存方法をネットで調べてみよう。
【筍の長期保存方法】
① アクヌキして一晩水にさらす
② 筍を瓶に入れやすい大きさに切って詰める
③ 水をいっぱい入れて軽く蓋をする
④ 鍋に蓋をした瓶を入れ、半分ぐらいの水で沸騰させ、30分ぐらい加熱する
⑤ 瓶を取り出して蓋をぎゅっと完全に絞める
⑥ この瓶を鍋に入れて、今度はしっかり水に浸からせて沸騰してから30分加熱する
⑦ 瓶を取り出して冷めたら冷蔵庫に保存しておく
そうかぁ・・・
よーく見ると、どこかの実験室に保存してある動物のアルコール漬けみたいやなぁ。
252

庭で作っているほうれん草を50株ほど収穫した。
スーパーに並んでるほうれん草は "1把2把" で売ってるけど、"1把" とは何株なのかをネットで調べてみたら 「ビニール袋に入っている量」 とか 「一束」 とか 「5~10株」 とかで、アバウトだ。
そのほうれん草1把、よく洗って2分ほど茹でて、すりゴマ・みりん・醤油・砂糖で和えれば、超簡単!「ほうれん草のゴマ和え」 の出来上がり。
191

↑このページのトップヘ