2016年05月

昨日は岐阜市、今日は豊田市、連日の名鉄ハイキングだ。
ハイキングする道を車で走ることはあっても、歩くことは滅多にないので気付くこともある。
街を歩いてみて大変なことは、登りの坂道が長く続くことだが、この豊田も多いんだよな。
他に、駅前周辺の商店街を歩いている人がいなかった。車も少なかった。(あくまでも印象)
291

今日のハイキングコースには、高校時代に母校まで3年間通った通学路が入っていた。
柳津駅をスタートして約5キロぐらいの地点に来た時、その懐かしい建物が目に入った。
"岐阜県庁" である。
『じゃぁ、岐阜西工業高等学校はあの辺りだな・・・』
『この川は荒田川だな・・・』
まるで変わってしまった風景の中、しかも20年前に男女共学の総合高校になったことで学校名が変わったという経緯はあるが、当時の校舎の面影を忘れることはない。
あの頃のここら辺りと言えば、畑と田んぼに囲まれてポツンと岐阜県庁が建っていて、その南へ500mの所に母校 "岐阜西工業高等学校" がポツンとあっただけだ。
通学は、国鉄(当時)岐阜駅から県庁行きのバスに乗り、県庁で降りて学校まで歩いた。
高校の脇に20mぐらいの幅の "荒田川" があり、川の橋を渡ったところに校門があった。
学校と県庁をつなぐ道は直線の農道で、体育の時間に長距離走をやったこともある。
など・・・。
すっかり変わってしまった10キロの道のりから、学生の頃を思い出すハイキングだった。
281
282

Today is my birthday & our wedding anniversary.
「記念に」 というにはなんだけど "小林幸子コンサート" 。
「お祝いに」 というにはなんだけど "宝石箱としあわせ饅頭"
251

スタートが名鉄広見線明智駅、ゴールが願戸駅の約6キロの名鉄ハイキングに参加した。
今日のコースは常設コースなので、土日のコースと違って参加者は数人見かけただけ。
道路案内表示は無く、明智駅でもらった地図を頼りにスタートするも、地図が分かりにくい。
何度も道を間違えたもんだから、結局6キロのコースが8キロぐらい歩くことになったかな。
11時過ぎに明智駅を出て、明智光秀の生誕地である明智城址、広大な敷地の花フェスタ記念公園を回って顔戸駅に着いたのが13時を過ぎていて、2時間超えのハイキングだった。
ゴールは当然初めて来た顔戸駅、ホームだけがポツンとあるこんなのどかな駅だった。
241

時期がくれば山ほど採れる?キュウリ。
朝見て『まだ、小っちゃいかな・・・』 と、採らずにいると、次の日の朝は巨大化している。
そんな朝が来るのを楽しみに、株元から伸びている小ヅルの整枝を行なった。
231

名鉄西尾駅をスタートして約1キロ歩くと、西尾市歴史公園に到着する。
隣の市とはいえ縁が薄くて知らなかったが、こんなところに "お城" があるんだなぁ・・・
西尾城というらしい。
大きな城ではないが、城内に入れば2階?の天守閣から西尾市を見渡すこともできる。
最近ハイキングでいろんなお城を見てるけど、こじんまりしてて"コレ"いいんじゃないの。
221
この後、西尾市憩いの農園から吉良の人生劇場公園、源徳寺、福泉寺、ゴールの上横須賀駅まで、距離にして9.5kmのコースを2時間20分で歩き終えた。
222
暑い中を歩いて汗もかいたし、早く帰って冷たいビールが飲みたい。
時刻は正午前、上横須賀駅で乗った電車は急行なので碧海古井は止まらず通過してしまう。
『じゃあ、桜井駅で途中下車して 「U寿司」 まで歩くか・・・ほいで、一杯飲んで帰るか・・・』
いいね。そうしよう。

↑このページのトップヘ