2015年12月

ブログネタ
新作映画の話題 に参加中!
10年ぶりに 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 が、先週金曜日に一斉公開された。
ちょうど1年前にスター・ウォーズの7作目が出るという予告をやってたから、始まったらすぐにでも観るつもりでいたけど、混雑を避けようと平日のきょうになった。
3日程度遅らせても・・・と、予想はしていたが、チケットを買うのに30分近く並んでしまった。
男性月曜割引、シニア割引を使って1100円、しかも "外は雨" で混んでいたのかもしれない。
チケットは4ヵ所で発券、並んでいる人はほとんど中高年層で、若干男性が多かったかな。
上映スケジュールでは "4DX字幕" "4DX吹替" "字幕" "吹替" の4ヵ所で上映されているのでどこに入場しようか迷ってしまうが、時間的に都合が良い "字幕" で観た。
で、・・・予想通り、面白かったなぁ。
歳をとっても健在のハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミルの登場が印象的だった。
211

今日は町内会の行事が二つ。
午前は 「ふれあいサロン」 で、ケーキを食べながらのクリスマス会。
我々のバンド演奏と、ビンゴゲームで楽しんだ。
午後は、場所を変えて、メンバーなど8人で忘年会。
食事とお酒とカラオケで楽しんだ。
夜はいつものお店で・・・
201

穫れたて野菜をたくさん入れて、今夜の夕飯はこれだ!
野菜を作るのも、味付けするのも "鍋奉行" の役割
191

♪浴衣のきみは尾花のかんざし...
181
作詞家 岡本おさみ氏の訃報を今朝の新聞で知りました。
拓郎さん作曲とのコンビでは、こころに残る素敵な作品をいっぱいありがとうございました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

そういえば、四十数年前の吉田拓郎コンサートで、拓郎さんが曲を唄う前に 『次の曲は、おにぎりした悲しみは・・・』 なんてジョークで紹介していたのを聞いた記憶がある。
その "おきざりにした悲しみは" も岡本氏の作品だっけ。
182
※平成27年12月18日付、中日新聞朝刊より

農園仲間の集まりには、いろんな職業をされている(されていた)人達が参加する。
幹事は誰?なんてことを決めなくても、だれかが話を進めている。
今夜の忘年会会場も、幹事さんが在職されていたD社の 「安城荘」 という宿泊施設だ。
こんな時しか会えない農園仲間もいて、飲んだり唄ったりのひと時は新鮮で楽しいもんだ。
171

雨が降りそうで、降らないなあ。
寒くなりそうだけど寒くないなあ。
あと1周出来そうで・・・出来ないなあ。
水が勢いよく出そうで、出てこないなあ。
今日は水曜日だったか、中途半端なやなあ。
161

散歩してたら、南の空に飛行船が止まっているように浮いていた。
珍しいのでスマホで撮ってみようと構えたら、タイミングよく新幹線が通過して行った。
今年の漢字は "" に決まったということなので、それにちなんで・・・
城町の祥中学校前を三河城方面に向かう飛行船と新幹線』
151
そういえば、自分も "an" なのだ。

穫れたて野菜のハクサイ・ダイコン・ニンジン・ネギを使って、豚汁とけんちん汁を作った。
『どちらに何を入れる・・・』 なんて決まりはないだろうけど、調味料と肉が違ったら、ヘン!
豚汁は "味噌と豚肉!" で、けんちん汁は "醤油と鶏肉!" だろうな。

しかし、たくさん出来た。 鍋から溢れそうじゃないか。
141

名古屋国際会議場センチュリーホールで行われた "ジ・アルフィー" の 『THE ALFEE Best Hit Alfee Autumn 2015』 を観てきた。
安城駅15時過ぎのJR、金山駅から地下鉄を乗り継いで、16時前にセンチュリーホールに到着。
車か電車か迷ったが、やっぱり電車を利用した方が面倒が無くて良かったかな。
131
入場してすぐ、チケットに指定された3階に上り、指定座席からステージを眺めてみたら、高い所から斜め下を見るような位置だけど、見えにくいとか支障になるものはない。
開演時間までの間、ホール近くをブラブラしてみると、トイレやグッズ販売所では長蛇の列が出来ており、始まる前から熱気を感じる。
132
開演10分前に座席に着いて、アレ(?)をセットしてバッグに隠す。
スマホの写真が2~3枚撮れたところで、案の定、後ろからスタッフの声が掛かる。
ダメってことは解ってるって・・・誰にも迷惑掛けてないと思うけどなあ。
133
(セットリスト)
THE ALFEE Best Hit Alfee Autumn 2015 17:00開演 名古屋センチュリーホール

3回目のアンコールの時が20時を過ぎてたから、3時間超えになるのかな・・・凄いなぁ。
確かメンバーの坂崎さんが、今年はコンサート中心で、今日の名古屋が今回のツアー最後の公演だと言っていたかな。
メンバー全員が還暦を過ぎているというのに、物凄いエネルギッシュを感じた。
134
デビュー41年のアルフィーのコンサートを初めて観たが、ファンと一体の熱気ムンムンに圧倒されてしまう生公演だった。

三河湾に朝陽が差す頃、のんびり風呂に入って贅沢な朝メシ。
毎朝こうだといいが、毎朝こうはいかない!
121

↑このページのトップヘ