2014年11月

ブログネタ
競馬@全般 に参加中!
今年のジャパンカップはG1馬が9頭・・・?
何が来るのかさっぱり分からない!(って言うか、いつも分からないけど・・・)
さんざん考えたあげく、①③④⑥⑨⑩⑮⑯ G1馬8頭のワイド馬券ボックスで、28点100円セット買いに決めた。
『これだけ買えば当たるだろ』と、、、④①⑮ その通りになった。
301
それにしてもエピネファネイアは強かった。

10品目は、キャベツとベーコンを炒めるだけの超簡単に作るおつまみです。
①キャベツとベーコンを切っておく
②フライパンに油を引いて①を入れて炒める
③火を通して、味をみながら塩・胡椒を入れて混ぜれば 完成!
281

ブログネタ
行った場所や気になる場所 に参加中!
椿大社を出て、東名阪自動車道に入るあたりで、陽が沈み暗くなって来た。
いよいよ きょう最後の目的地 「なばなの里のイルミネーション」 である。
今年のテーマはナイアガラの滝という事で前評判も高く、ココに来るのを楽しみにしていた。
18時20分に入場して、集合時間までの70分間、じっくり見て回った。
276
275
ベゴニアガーデンも見てきました。
277

午後になってバスは 東海環状自動車道の豊田勘八ICから伊勢湾岸自動車道方面へ。
午後最初の行先は、三重県菰野町にあるアクアイグニス
パンフには、 『癒し』と『食』をテーマにした複合温泉リゾート...とある。
特に用事は無く、店内をブラブラするうちにパンにしては高額なパンを3個も買ってしまった。

続いて、三重県鈴鹿市にある椿大神社に立ち寄って参拝。
参拝を終えて境内を一周してみると、所々に面白い物(なんて、不謹慎かな?)が置いてあった。
274

ブログネタ
「秋を感じるひとこま」教えてください に参加中!

毎年11月から12月にかけて " 紅葉鑑賞 " に出掛ける。
今年は、 「錦秋の香嵐渓と小原の四季桜 & 日本最大級!なばなの里イルミネーション」 というタイトルが付いたツアーに参加して、バスに連れて行ってもらった。
午前中は県内の 「小原四季桜」 と 「香嵐渓」 、午後は三重の 「椿大社」 と 「なばなの里」 である。
【 8時00分、自宅 → 8時35分、安城駅西P(バス) → 8時55分、豊田南IC → 9時20分、せと赤津PA(10分) → 9時50分、瑞浪IC → 10時30分、小原四季桜(40分) → 12時10分、香嵐渓(60分) → 13時40分、豊田勘八IC → 14時30分、四日市IC → 14時45分、アクアイグニス(30分) → 15時40分、椿大社参拝(40分)→ 16時50分、名阪関ドライブイン(20分) → 17時40分、鈴鹿IC → 18時10分、湾岸長島IC → 18時15分、なばなの里(70分) → 19時40分、湾岸長島IC → 20時10分、豊田南IC → 20時30分、安城駅西P → 20時45分、自宅 】

小原の四季桜では、モミジの紅葉と桜の開花が同時という 珍しい自然現象が見られる。
散策地近くの山沿いには、赤と白の自然のコントラストがバスの車窓から所々で見られた。
271
散策地の 「ふれあい公園」 では、四季桜まつりが開催されていて、屋台も多く並んでいた。
桜の花がチラチラ舞っていたので、もうじき終るんだろうな。
屋台の美味しそうなニオイに惹かれそうになったが、昼飯前なんで我慢してバスに乗り込んだ。
小原四季桜の散策を終えて 香嵐渓までの道のりが約1時間あるという事で、車中で配ってもらった昼食弁当を広げて食べた。

香嵐渓近く道路は渋滞でイライラするのは毎度だが、今日はバスだからそんな事もない。
駐車場に着いてバスを降りて添乗員さんに集合時間を確認して 撮影スポットに向かった。
「待月橋」 は 香嵐渓のシンボル的で、カメラマンにも人気があり 新装オープン並の人混みだ。
272
273
いつ見ても、香嵐渓は自然の秋が見られるのと、紅葉は本当に素晴らしい。

11月26日(水)雨、気温14度、午前9時~10時...
雨の為、予定していた作業は次回に繰り越すとして、各自で収穫だけやって解散になりました。
261

ブログネタ
映画 に参加中!
連休が明けて 久しぶりの雨で寒いの1日、散歩もしたくないので映画を観てきました。
美人銀行員が横領を重ねていくうちに取り返しがつかなくなってしまう・・・映画 『紙の月』。
その美人銀行員役を宮沢りえさんがやってました。
映画だからこんなこと簡単に出来ちゃうんだろうけど、有りそうな話だと思いながら観てました。
実際に女子銀行員が横領事件で逮捕されるってニュースも過去にありましたっけ。
251
宮沢りえさんの演技、迫力があって なかなか上手かったです。
彼女は、先日亡くなった高倉健さんの映画 『四十七人の刺客』 にも出ていましたが、あれは演技なんてものじゃなく、当時は若くて可愛い話題の女優さんだったから選ばれたようなもの。
健さん扮する大石内蔵助とのラブシーン...なんてところもおかしかったですけどね。

ブロッコリーは収穫時が難しいです。
なるべく大きな実に育てたいけど、欲張って採り時が遅れると花になってしまうし・・・。
「このぐらいでもういいだろう」 という時が収穫時だと思います。(いい加減・・・と言います)
それで、ブロッコリーの茹で方なんですが、これはいい加減ではいけないので、
コチラ → 「ブロッコリーのゆで方」 を参考にしながら茹でました。
あとはお皿に盛ってマヨネーズを付ければ 完成!
242

↑このページのトップヘ