ブログネタ
「秋を感じるひとこま」教えてください に参加中!

毎年11月から12月にかけて " 紅葉鑑賞 " に出掛ける。
今年は、 「錦秋の香嵐渓と小原の四季桜 & 日本最大級!なばなの里イルミネーション」 というタイトルが付いたツアーに参加して、バスに連れて行ってもらった。
午前中は県内の 「小原四季桜」 と 「香嵐渓」 、午後は三重の 「椿大社」 と 「なばなの里」 である。
【 8時00分、自宅 → 8時35分、安城駅西P(バス) → 8時55分、豊田南IC → 9時20分、せと赤津PA(10分) → 9時50分、瑞浪IC → 10時30分、小原四季桜(40分) → 12時10分、香嵐渓(60分) → 13時40分、豊田勘八IC → 14時30分、四日市IC → 14時45分、アクアイグニス(30分) → 15時40分、椿大社参拝(40分)→ 16時50分、名阪関ドライブイン(20分) → 17時40分、鈴鹿IC → 18時10分、湾岸長島IC → 18時15分、なばなの里(70分) → 19時40分、湾岸長島IC → 20時10分、豊田南IC → 20時30分、安城駅西P → 20時45分、自宅 】

小原の四季桜では、モミジの紅葉と桜の開花が同時という 珍しい自然現象が見られる。
散策地近くの山沿いには、赤と白の自然のコントラストがバスの車窓から所々で見られた。
271
散策地の 「ふれあい公園」 では、四季桜まつりが開催されていて、屋台も多く並んでいた。
桜の花がチラチラ舞っていたので、もうじき終るんだろうな。
屋台の美味しそうなニオイに惹かれそうになったが、昼飯前なんで我慢してバスに乗り込んだ。
小原四季桜の散策を終えて 香嵐渓までの道のりが約1時間あるという事で、車中で配ってもらった昼食弁当を広げて食べた。

香嵐渓近く道路は渋滞でイライラするのは毎度だが、今日はバスだからそんな事もない。
駐車場に着いてバスを降りて添乗員さんに集合時間を確認して 撮影スポットに向かった。
「待月橋」 は 香嵐渓のシンボル的で、カメラマンにも人気があり 新装オープン並の人混みだ。
272
273
いつ見ても、香嵐渓は自然の秋が見られるのと、紅葉は本当に素晴らしい。